MENU

マジンドール通販購入出来る?・簡単に痩せたい!

マジンドールを通販・個人輸入で購入して食欲をおさえ簡単ダイエットしたい方へ

 

 

マジンドールは食欲を引き下げる効能があり肥満外来・ダイエット外来でサノレックスが処方され、サノレックスの成分として知られています。

 

マジンドールは副作用はありますが肥満外来で効果を実感する人も多く、通販や個人輸入で買ってマジンドールで簡単に痩せたいという人も多いです。

 

けれどマジンドールが成分のサノレックスがもらえるのは肥満外来のある病院やクリニックに行ってからだけになります。

 

肥満外来に通てダイエットする必要があるほどのBMI35以上でなければ保険が使えません。

 

 

普通のぽっちゃり程度の方にはマジンドールは保険対応では処方されないのです

 

BMIが35以下なら病院代、薬代は自費なので高額になります。自費なので1錠1000円以上で処方する病院もあります。

 

1錠が1000円以上なんて高額すぎていくらダイエットしたいと思ってもなかなか厳しいです。

 

また残念ながらマジンドール配合の薬は通販や自身輸入では禁止されているため購入出来ません。

 

マジンドール配合のサノレックスを服用するなら病院やクリニックを受診して処方してもらうしか方法がありません。

 

ですが当サイトでは自力で痩せるのは本当に難しいという方に、マジンドール以外の通販・個人輸入などのネットで購入出来る食欲抑制剤をご紹介しています。

 

本当に痩せたいと思っていてもダイエット出来ない、食欲に負けるという方は試してみる価値は大きいです!

 

マジンドールが配合されていない食欲抑制剤もある

 

マジンドールが通販や個人輸入で購入出来ませんのでマジンドール以外の食欲抑制剤をご紹介します!

 

 

【ファスティン】

 

ファスティンは食欲を抑える働きがあります。食欲を抑えて食べる量を少なくして痩せるお薬です。
サーモRXが代謝を促進する効果をもたらします。

 

一番のメリットはファスティンは個人輸入で購入出来るので処方箋なしで買える事です。

 

ファスティンはアカシアから抽出することのできる活性フェネチルアミンアルカロイドという成分がが含まれており、これらのアルカロイドにより強力な活気が生み出されます。

 

脳内から分泌される神経伝達物質に作用する結果、マジンドールのように食欲を抑えていただける効能があるので間食のしすぎや食べ過ぎを防いでくれ、脂肪が蓄積しないようにします。

 

そうして、過度な食欲がわかないように抑えてくれ、脂肪の燃焼を促す働きもあります。

 

ファスティンは肥満を専門的に診ているドクターにて開発されているため信頼度の高いダイエット薬となっています。

 

>>ファスティン

 

ファスティンの口コミ

 

ファスティンを飲んでダイエットした方の実際の体験談、口コミを紹介します。

 

今までは甘い物が好きで食べないと気がおさまらなくてダイエットしようとしてもいつも挫折していました。
ネットで色々調べて食欲抑制するサノレックスがネットで購入出来ないのでファスティンを購入しました。
ファスティンは食欲が落ちて食べたくなくなります。
副作用が起きるのか心配でしたが私は何も副作用は起きませんでした。
ファスティンを飲んで3kg減量でき、今まであきらめていたダイエットに成功して本当に嬉しいです。

 

ダイエットに挑戦すると空腹との闘いにいつも負けてしまい途中で辞めてしまう事を繰り返していました。
ファスティンを飲むと食べたい気持ちが起きないので自分でも不思議な位食べなくても平気でした。
空腹を感じず無理なくダイエットが出来るのでファスティンが手放せなくなりそうです。

 

個人輸入で薬を買うのはちょっと危ないのかなとも思いましたが、サノレックスに比べて副作用はあまりないとの事で購入してみました。
ファスティンは海外にしか売っていないみたいですが、日本でも認可されてダイエットしたい人がみんな飲めるようになったらいいのになと思います。

 

>>食欲抑制剤のファスティンはこちら

 

 

 

【リポドリン】
リポドリンには、エフェドラエキスを主成分としたサプリです。脂肪燃焼に効能があると知られています。

 

エフェドラは風邪薬にも含まれています。また体温上昇効果もあるとされています。

 

これは、免疫機能が低下した場合、体内のウイルスなどを死滅させる働きもします。

 

なお、エフェドラという成分は喘息にも効果があります。体温を上げる作用があるので脂肪を燃やす効果もあり体質を変えるためにも適していると言えます。

 

また、リポドリンにはカフェインや緑茶エキスが配合されておりその結果、さらなる体温上昇の効果も期待出来ます。
またフーディアという成分は過剰な食欲を抑えてくれる役目もあります。

 

>>リポドリン

 

 

 

 

【ザントレックス】

 

ザントレックスは、食欲を抑える効果があり全米で話題のダイエットサプリメントです。
医学的調査によってもその効果が検証されております。

 

ザントレックスにはハーブや生薬など天然成分配合されています。

具体的には、朝鮮人参、マカの根、ダミアナ葉・茎エキス、イェルバ・マテの樹皮、クロコショウの実、シベリア人参の根、緑茶などが含まれています。

 

「生来根底だから効果が薄いのでは?」って思うかもしれませんがそういう事ではありません。
効能が強いのでとても人気がありますしダイエットにずっと失敗してきた人でも痩せられると言われています。

 

飲み方は簡単で食事の15分前に飲むだけです。

 

>>ザントレックス

 

ゼニカルは脂肪を排出する薬でダイエットにオススメ

 

 

肥満外来ではマジンドール配合のサノレックスはは食欲を抑えるために処方されます。

 

また美容外科のクリニックでは脂肪吸収抑制剤のゼニカルというお薬も処方されますので脂っこい食事が好きでどうしてもやめられない方にはゼニカルがおすすめです。

 

 

 

 

 

ゼニカルは脂肪の多い食事をしても吸収を抑え体の外に排出してくれる働きがあります。
食欲を抑えるマジンドールとは違い直接的にダイエットする効果があります。

 

サノレックス・マジンドールと違い、ゼニカルは脳内に働きかける事はないので副作用が少なく安心して摂取する事が出来ます。

 

>>ゼニカル

 

マジンドールとゼニカルを比較してみる

 

マジンドールとゼニカルは何が違うのか検証してみたいと思います。

 

 

ゼニカルは脂肪を排出するので食欲抑制するマジンドールとは違った角度でダイエットを行います。

 

マジンドールは食欲抑制する事でダイエット効果が期待されますが、デメリットとしては依存症になる可能性があります。

 

ゼニカルは食べた脂肪を排泄する働きがありので、マジンドールと比べても脂肪を摂らない健康的な方法でダイエットが可能です。

 

マジンドールは脳内に働きかけ食欲抑制してで痩せるため体調が悪くなる可能性があり、また依存症にならないように気をつけなければなりません。

 

ゼニカルは食べた油が排泄され摂取したカロリーも減らせます。

 

ゼニカルには依存する事もないので安全にダイエット出来ます。

 

ゼニカルの効果・効能・成分について

 

ではゼニカルの効果・効能・成分について紹介します。

 

 

ゼニカルには、余分な脂肪を排出するという効果があり、食べた食品に含まれる脂肪分の3割を排出出来ます。

 

主に「オルリスタット」という成分で出来ていてゼニカル1錠に120mgのオルリスタットが含まれています。

 

オルリスタットには脂肪分解に関連するリパーゼの活動を抑える効果があります。

 

脂肪分解する事により体内に吸収しやすくなりますが、働きを抑えて吸収を減らします。

 

また、ゼニカルは脂質には関連しますが、脂質以外の糖質やたんぱく質に関しては吸収抑制する事はありません。

 

ゼニカルの副作用・飲み方について

 

ゼニカルは副作用が少ないお薬なのでダイエット薬としてリスクが極めて低いのが特徴です。

 

ゼニカルは脂っこい食事を食べている時か食後1時間以内が適しています。

 

水と共に飲むだけですので簡単です。

 

1日に飲むのは3回までです。

 

とにかく出やすい反応が下痢で、急に便意が起きたり、おならが増えたりするのが注意点です。

 

また、おならと共に便が出てしまうこともあるので、ナプキンを用意するなど工夫するといいでしょう。

 

1週間から1か月ほどで収まります。

 

また、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、K、 βカロテンなどはゼニカルの使用で不足することがあります。

 

ビタミン不足にならないようサプリなどで補うのをおすすmでします。

 

ゼニカルの副作用には他にも食欲不振、だるさ、皮膚がかゆくなるという副作用が起きる事もまれにあります。

 

ゼニカルは自身輸入で通販購入した方が勧告な意図

 

ゼニカルは個人輸入で購入すれば激安です。

 

 

美容外科クリニックで処方されるのが一般的です。

 

ゼニカルは日本では保険が適応されないため飲む場合とても高額です。

 

そのためふゼニカルを日本の美容外科で購入するのはとても高額の費用になってしまいます。

 

ゼニカルは外国では安く入手できますので、個人輸入を利用すれば安いです。

 

最近は個人輸入でゼニカルを購入する方がとても増えていてダイエット薬としてはとても知名度が高いです。

 

個人輸入は自分1人で行うのは言語の問題があり難しいですが個人輸入代行業者を利用すれば通販のように簡単に購入できます。

 

ゼニカルは楽天やAmazonにはありませんが、個人輸入を利用する事は楽天、アマゾンを利用するのと大きな差はありません。

 

ゼニカルの口コミ

 

ではゼニカルを実際に飲んでダイエットした方の口コミをご紹介します。

 

ゼニカルを飲んで4キロダイエット成功しました!
飲むと油が便と一緒に出てくるのが分かりました。
下痢しやすくなるので仕事に影響するのでどこにも出かけない日に飲むのがいいと思いました。

 

ちょっと食べすぎたかなって思っても体重が増えなくて不思議でした。
ダイエットを始めると食事やおやつを我慢してイライラしてしまいますが、ゼニカルを飲んでいるとダイエットのストレスを感じずに過ごす事が出来ました。
好きな物を好きなだけ食べてますが体重が減っているのがうれしいです。
外食しても罪悪感がないのがいいですね。

 

トイレに行くたびに効いているんだなと感じました。
ものすごい量の油が出てきて吸収が抑制されているのだと。
家のトイレを使うとトイレが汚れるのでなるべく外のトイレがいいなと思いました。

 

飲み始めて半年で10kg減量出来ました。
副作用が何もなく簡単に痩せられました。前は油っこい物を食べるのを我慢していましたが、ゼニカルのおかげで食べても流れ出してくれるのでダイエットしている実感はありません(笑)日本でも市販で売っていたらみんな痩せられるのにと思います。

 

ダイエットしてはリバウンドして何度も繰り返していました。
もうダイエットはこれで終わりにしようと思いながらすがる気持ちでゼニカルを買ってみました。
飲むだけで本当に痩せられるのか心配でしたが、飲み始めてすぐに効果を感じました。
体重が簡単に落ちていくので快感です。

 

ゼニカルは個人輸入で購入して正解だったと感じている口コミが多いですね。

 

ゼニカルはを飲むとすぐに痩せられるのか

 

ゼニカルを飲むとするやせる事は出来るのでしょうか。

 

ゼニカルは肥満治療薬としての働きがあり確実なダイエット効果があります。

 

ゼニカルはすぐ効く事が大きなメリットで脂肪吸収を抑制するので食べても体重が増える事がないためです。

 

即効性があるのでダイエットが急を要する場合でも効果を発揮します。

 

ただ、ゼニカルを飲んでも根本的な体質改善にはなりません。

 

痩せやすい体を手に入れるという事にはならないのです。

 

痩せやすい体質になるには他の方法で改善するよう働きかけが必要になります。

 

ゼニカルはアマゾンや楽天・市販・薬局で買えない

 

ゼニカルはアマゾンや楽天・市販や薬局では購入出来ません。

 

楽天やアマゾンでは処方箋が必要な薬は買えない仕組みになっています。

 

通販サイトで買えればとっても簡単ですが現状は無理なのです。

 

またゼニカルはビ日本での処方は認可されていません。

 

認可されていないからと言って危険というい事ではありません。日本の場合は美容目的で痩せたい女性が飲む人が多いと予想されます。

 

美容目的としてならば国としてはお金を出して認可させたくないのでしょう。病的な肥満患者が将来的に多くなれば日本でも認可されるかもしれません。

 

ちなみに肥満治療薬として認可されているのはサノレックス、シプトラミン、オブリーンです。

 

ゼニカルを飲むと下痢で便所に行くのは頻回になる?

 

ゼニカルを飲むと不安なのは下痢になってトイレばかりいくのかという事。

 

 

ゼニカルは脂肪分を直接的に排出してくれますが、必ず下痢になるという事ではありません。

 

副作用の出現は個人差が大きいです。

 

ただしゼニカルの効果により直腸に液体の脂肪分が溜まる事になります。

 

この事から便意を調整するのが難しいのでトイレの頻度が高くなる可能性はあります。

 

そのためゼニカルを飲んでトイレの事が気になるのは避けたいので対策が必要です。

 

脂肪分だけが単独で排出されるため、ガスと一緒に出てしまう場合があり生理用ナプキンなどを使用すると安心です。

 

ゼニカルといった呑み合わせで併用不能な薬

 

ゼニカルと併用するといけない薬がいくつかあります。

 

経口凝血剤、経口避妊薬、抗てんかん薬、シクロスポリンです。

 

シクロプリンを飲んでいる方がゼニカルと一緒に飲まないのがいいという理由は血漿レベルが低下する危険性があるからです。

 

経口避妊薬はその避妊効能が弱まるリスクがあり、2時間はあけて服用しなければなりません。

 

ピルを飲んでもゼニカルが成分の吸収を妨げるからです。

 

抗てんかん薬と共にゼニカルを飲んではいけない理由は、てんかんの発作をおこした例があるからです。

 

てんかんに限らず何か持病があり内服治療をしている方は医師に相談した方が良いでしょう。

 

ゼニカルが薬の吸収を邪魔してしまう可能性があります。

 

臓器移植で経口凝血剤などを服用している方はは、ゼニカルを服用する事で傷を負った時出血が止まりにくくなる事も予想されるため禁忌になっております。

 

>>ゼニカルの通販はこちらから

 

サノレックス・マジンドールが肥満外来で処方される

 

マジンドールは肥満外来で処方されるのでどうしてもマジンドール配合のサノレックスがほしいなら受診すればもらえます。

 

マジンドールは、BMI35以上の肥満患者に対して処方されます。もちろん食事療法や運動療法と並行しての治療です。
成人にはマジンドール0.5mgが投与されます。
ケースにより1日3回で1.5mgの投与となる事もあります。

 

BMI35未満の肥満患者は全てが自己負担になり、診察費用も薬の費用も自費なので、かなりの高額になります。

 

マジンドールが個人輸入・薬局・市販・アマゾン、楽天で買えない理由とは

 

食欲抑制剤のマジンドールは、その主成分が脳に直接的な衝撃を及ぼすため、向精神薬として扱われています。
ですので「麻薬および向精神薬取締法」に基づき個人輸入をする事は法律に反します。
もちろん楽天やAmazon、薬局など市販でも売っている事は許されません。
必ず医師の処方箋が必要です。

 

医師が認めればマジンドールの購入は可能です。保険適用をうけたければ肥満の基準となるBMIが35以上である必要がありますが、35未満でも自費でなら医師の診療で処方してもらい服用する事が出来ます。

 

サノレックス・マジンドールの副作用・危険性・飲み方

 

サノレックス・マジンドールの副作用

 

副作用は1.4%で軽い物も含めて出現します。

 

のどの渇き、便秘、、吐き気や嘔吐、不眠症、頭痛、眠気、立暗み、おなかの違和感、肝機能障害、下痢、発汗、抜毛、性欲減退などです。

 

極まれに頻尿や月経異常もあります。また精神的な持病を持っている方は状態を悪化させる危険性があるので、内服はできません。

 

サノレックス・マジンドールの飲み方

 

1日1錠を昼間食前に服用します。しかし、生活に合わせて病院で医師と相談して服用する時間帯を変更する事も可能です。

 

サノレックス・マジンドールの注意点

 

マジンドールは依存性があるのが一番のデメリットです。
依存性がある事が考慮され、服用の年月は最長で3ヶ月です。また、お酒との相性が悪いので立暗み・眠気などの反応が起きる可能性があります。
マジンドールを服用している間はお酒は控えましょう。また、夕方から以後に内服するとは不眠症を起こすので、注意しましょう。
肝機能が悪化する可能性があるため血液検査を定期的に行います。

 

マジンドールの効能、成分、痩せる理由について

 

マジンドールの効能については、食欲を止めること簡単という人の感想が多いです。

 

マシンドールは体内にとりいれると神経伝達物質の働きを邪魔する働きがあります。
それによって、体内に存在するアドレナリン・ドーパミン・セロトニンを増やし満腹中枢を刺激し、食欲を押さえ付けることができ易くなり痩せられ易くするという仕組みです痩せるという仕組みになっています。

 

マジンドール以外の痩せる薬も人気

 

原則、残念ながらマジンドールは通販では購入出来ません。

 

ですがマジンドール以外にも食欲統制剤がありますし、ゼニカルで脂肪吸収を抑制する事が出来ますので痩せる薬は個人輸入で購入するのがとても便利。

 

やせる必要があるのにたった一人で食欲をコントロールするのは困難です。

 

1人ぼっちではダイエットするのは続きませんし断念する自分が嫌になってしまう事もあるでしょう。

 

マジンドール以外に通販で痩せる薬はありますので上手に使って理想の体を手に入れて下さいね。